【子供が読書好きになる方法】3歳絵本大好き、自分で読めるよ

目次

本を好きになる環境作り

本を好きになる環境作り

常に家族が集まる空間の中に、
本がすぐ手に取れる場所があると、
本を自然と読むようになる

これは、何かで読んだ

本を好きになる環境作りの一文。

なるほど٩(๑òωó๑)۶

と、思った私は現在の住処の設計の時点で

リビングに作り付けの本棚を導入!!

3段ある内訳は、

1番上・・・大人用

真ん中・・・子供の月齢に合わせた絵本

1番下・・・図鑑や辞書などの重たい本

という感じ。

生活空間の中の目のつく所に本棚を設置したことで、娘子狸は絵本が大好きな子になりました(^^)

その経緯をご紹介します_(._.)_

絵本に興味を持ち出した

絵本に興味を持ち出した

娘子狸は1歳前には歩き始めていました。 

だから、もう、どこにでも行ってしまうm(__)m

モチロン、本棚にも

1歳前の娘子狸が立つと、ちょうど良い高さに本棚の2段目があり、

自然と絵本を手に取るようになりました(*‘ω‘ *)

落とすために(ノ`Д´)ノ彡

とにかく、絵本を出して下に落とす。

声をかけるとニヤニヤして落とすヽ(`Д´#)ノ

片付けても、本棚が空になるまで落とす、、、( ;∀;)

あまりにも毎日落とすため、イライラして、怒りたい(--〆)と何度も思いましたが、、、

ここで怒ってしまったら、絵本を手に取らなくなるのでは、、、

そう思い、我慢しました(-.-;)

そして私は考えた!

そうか!
絵本を読む所を見せてみよう!

思いついたら即実行!!

娘子狸が落とした絵本の、たまたま開いたページを目の前で読んでみることに(`・ω・´)ゞ

すると、

一緒に見てくれたんです♡♡

本を落とす手を止めて、見に来てくれました♡

その日から、

娘子狸が絵本を落とし始めたら、私が読み始めるという繰り返しをしていきました(`・ω・´)ゞ

大変だったけど( ;∀;)

気づけば、娘子狸は

自分で何冊か絵本を落とした後、落とした絵本を見るようになりました♡

絵本を読んでと言いにくるように〜大切にしていた3つのポイント〜

絵本を読んでと言いにくるように

2歳になる頃には、大人と対等に会話ができるようになった娘子狸。

この頃から、

(この絵本)読んで〜

攻撃が始まりました(-.-;)

えっっΣ(・∀・;)今?

なんて思うことも度々。。。

寝る前などに絵本を読む習慣があれば、一度ぐらい断るのも良かったのかもしれませんが、その習慣がなかった。。。

寝る前に絵本を読む習慣がつかなかった理由はこちら↓

子狸達に絵本が好きになって欲しかったため、

この3つのポイントを大切にしていました。

1★読んで〜攻撃はないがしろにせず、どうしても無理な時は理由を話し、必ず読めるようになったら読む!!

2★読むときは息子子狸にも声をかける!(絵本を見ても見なくてもOK)

最初は、絵本よりも遊びたい気持ちが強かった息子子狸も、声をかけているうちに一緒に見てくれるようになり、長いお話も最後まで見てくれるようになりました(*‘ω‘ *)

3★同じ絵本を何度持ってきても、否定せず、それを読む

モチロン、毎日、毎回、このポイントが出来た訳ではありません。。。←無理でした( ;∀;)

でも、気にかけることが大切(^ν^)

と、私は思って日々絵本を読み聞かせてきました(^^)

お気に入り絵本から、ひらがなが読めるようになるまで

2歳半頃の娘子狸のブームが、

虫歯!!

おままごとのシナリオも、You Tubeで見る動画も、読んで欲しいと持ってくる絵本も、見事に全部虫歯に関するモノ。笑

なので私も、そのブームに乗り、

本棚に、虫歯に関する絵本を数冊用意しました(`・ω・´)ゞ

その絵本の中で、最もリピート率が高かった絵本がこちら↓

この絵本は、漢字が使われているので小学生向けかと思いきや、読んでみると、

とっても分かりやすい(๑˙❥˙๑)

今まで知らなかった虫歯になる原因菌のことが描いてあり、私も、5歳の息子子狸も、

なるほど〜
そうだったんだ〜

と、なりました(・∀・)

漢字にもふりがながふってあるので、ひらがなが読めれば自分で読めます!

この絵本を1日1回は当たり前のように読んでいました!←多いときで1日3回ぐらい、、、

すると、娘子狸も内容を覚えてきて、

真似をしだしたんです(`・ω・´)ゞ

それならと、

読んでいる絵本の字の所を、指でなぞって読み聞かせることにしました(`・ω・´)ゞ

すると、

一文字ずつひらがなを覚えていったのです٩(๑òωó๑)۶

最初は、「あ」から読めるようになり、

3歳になる頃にはひらがなで書いてある絵本はほとんど1人で読めるように!Σ(・∀・;)

絵本からひらがなを覚えたためか、

【〜は(わ)】や、【〜を】の読み方もだいぶマスターしてきましたΣ(・∀・;)

今では、娘子狸が自ら、

ママー、この絵本読んであげる〜♫

と、言いにくるように(^^)

たまーに、

え、今?家事やりたいのにー。・゚・(ノД`)・゚・。

と思うこともありますが、できるだけ聞くように努めております(๑˙❥˙๑)

絵本をよく読むようになって思ったこと2つ

絵本をよく読むようになって思ったこと2つ

絵本をよく読むようになって、

創造性が豊かになった

→おままごとのシナリオや、思い出話、絵本のようなお話など、とにかく色々なイメージが湧いてくるようです。

聞いているこちらも、なんだかワクワクするお話の展開もあって、楽しいです♡

主語と述語を使って話ができる

3歳にして、思い出話や自分の気持ちを伝える時に、

(○○(娘子狸の名前)は、今日、おままごとしたことが楽しかった〜

(○○(娘子狸の名前)は、にいに(息子子狸のこと)に、嫌なことされたから、泣いたの

など、大人顔負けの話し方ですΣ(・∀・;)

絵本の力(ちから)、すごいΣ(゚∀゚ノ)ノ

まとめ

まとめ

子狸達を産む前は、絵本をたくさん読んであげる♡なんて、穏やかな育児ライフを想像していた私。

しかし、いざ育児が始まってみると、

そんな余裕ないじゃーん!

と、なりました。。。

また、息子子狸の時は、遊びの空間に絵本は置いてあったものの、目にはあまりつかない場所にあり、こちらが読んであげないと手にも取らない状況。。。

これは、ダメだ!!絵本を好きな子にならない!!

と、今回ご紹介した、まずは目につく所に

を、実践しました(`・ω・´)ゞ

3歳の娘子狸は、今では、

絵本読んで〜

と、持ってきたり、

この絵本、自分で読んでるの〜

と、自分で読んでいる絵本が、

6歳向けの長いお話の絵本になっています。。。

以上。

最後まで読んで頂いて、誠にありがとうございました(^^)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする
  • URL Copied!

この記事を書いた人

はじめまして(^^)狸おっかぁです(^^)節約、メルカリ、ポイ活で日々コツコツとお小遣いを貯めながら、わんぱく子狸(5歳㊚、3歳㊛)の子育てに奮闘中の主婦です!!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる